情報更新: 2018-10-16

株式会社エス・デー

〒325-0304 栃木県那須郡那須町高久甲上ノ台5760

03-5500-680003-5500-6800(東京事業所)メールで質問する

公式サイト

質問や見積り依頼はこちらへ。
担当者に直接連絡ができます。

企画・制作・運営

見て、触れて、写真を撮ってもOK!! 体験・参加型の「トリックアート展」

特徴・PR

「TrickArt(トリックアート)」とは、株式会社エス・デーの長年にわたる創作活動の中で培ってきたユニークな体験型アートのことであり、エス・デーが所有する登録商標でもあります。

トリックアートは、古来ヨーロッパの「トロンプルイユ」という技法を原点とし、1984年エス・デーの創業者である劒重和宗が制作した壁画から誕生しました。その後、トリックアートによる西洋名画のパロディシリーズの制作を開始。公開後、その作品は大きな反響を呼び、1991年、世界初のトリックアート美術館が東京に誕生します。従来の絵画鑑賞の概念を覆す、見るだけではなく、触ること、写真を撮っても良いという体験・参加型の美術館は多くのお客様から称賛されました。

近年ではオリジナル作品を主流に、視覚の錯覚や立体トリック等をはじめ、多分野にわたるトリックの要素を取り入れた独自の作品群を創り上げています。

会社概要

設立1987年
資本金1000万円
代表者清水 弘
従業員数60名 (パート含む)
事業所株式会社エス・デー
対応エリア:全国

・東京事業所
・横浜営業所
  • 非日常の空間で、不思議なバーチャル体験が満喫できるイベントです
  • 毎年約25以上の会場で開催されている『トリックアート展』
  • 実際にデパートで開催された際の様子
  • 最新AR技術とのコラボレーションで実現した『トリックアール』を導入

事業内容

・トリックアートの企画・制作
・トリックアートミュージアムの運営
・トリックアート制作の技術を駆使した、デジタルデータによる3Dアート制作
・トリックアート作品と連動して、AR(拡張現実)を楽しめる『トリックアール』作品制作

主な取引先

電通、博報堂、ADK、札幌テレビ放送、青森放送、テレビ岩手、仙台放送、福島テレビ、新潟新聞、福井放送、テレビ朝日、フジテレビジョン、日本テレビ放送網、静岡第一テレビ、中日新聞、テレビ宮崎、鹿児島テレビ放送、小学館集英社プロダクション、東映アニメーション、東映太秦映画村、ハウステンボス、池の平ホテル&リゾーツ、凸版印刷、大日本印刷、三菱地所、東急不動産SCマネジメント

主なイベント実績

●子どもから大人まで楽しめる「トリックアート」展
1991年から、現在までに全国各地で開催されたトリックアート展はトータルで350回を超え、2013年3月にはトリックアート展開催全国制覇を達成。さらには、日本国内だけに留まらず、シンガポール、香港、韓国、米国ラスベガス、台湾、インドネシア等でもトリックアート展が開催され、海外においてもその高い集客力が証明されております。

担当者からひとこと

抜群の集客力を持つ「トリックアート展」は興行イベントとしても販促イベントとしても大きな成功と役割を果たしております。また、特注の制作も承っておりますので、お問い合わせをいただければ、詳細なご提案をいたします。

事例・実績