情報更新: 2017-10-10

株式会社ファーストエマージェンシー

〒110-0016 東京都台東区台東4-30-6-1105

03-4405-4054(東京本社 イベント救護事業部)

公式サイト

質問や見積り依頼はこちらへ。
担当者に直接連絡ができます。

企画・制作・運営 什器・備品レンタル スタッフ・MC・警備・救護・託児

イベントで“怪我人・救急車を呼ばない”ための予防を徹底的に行います

特徴・PR

イベント救護を専門とする事業所です。当社では救急救命士をイベントへ待機させます。救急救命士は消防救急隊にも配置されている、屋外救急現場対応のプロです。観察、処置、搬送を行います。緊急性か非緊急性かを判断し、消防要請業務も行います。また、救護人員を上回るような大規模災害にも対応可能な訓練を積んでおります。当社は契約の救急専門医師とイベント中オンライン(電話等)でつながっており、助言や指示を要請できる体制を整えております。当社の一番の目的は【怪我人・救急車を呼ばない】ということです。予防を徹底的に行います。例えば暑い日は水分補給等熱中症予防の声かけなどです。価格にも自信がありますので、ぜひお問い合わせください。イベント救護以外にもスタッフへの心肺蘇生法指導等も行っております。死亡事故等発生しますと、イベント継続や信頼にも問題が発生します。安全の保険の一環として、ぜひ当社をご用命ください。

会社概要

設立2015年
資本金 100万円
代表者佐藤 武諭毅
従業員数10名 (アルバイト含む)
事業所【旧社名:佐藤レスキュープラン】

<東京本社>
東京都台東区台東4-30-6-1105
TEL 03-4405-4054 FAX 03-6700-1584

<福島支社>
福島県郡山市桑野2-39
TEL 024-955-6542 FAX 024-955-6543
  • イベント救護へ救急救命士を待機させます。
  • 各種イベントへの協賛もさせて頂いております。
  • 会場内での巡回も標準で行っております。事故が発生しないよう予防活動を行います。
  • 救護班が皆様のイベントをお手伝いさせていただきます。

事業内容

<イベント救護事業>
マラソン大会救護 お祭りイベント 運動会 宿泊イベント救護

<心肺蘇生法事業>
各種学校、会社指導 イベントスタッフ指導 警備会社指導 社員研修

<特殊救護>
CM撮影救護 TV撮影救護 会社役員専属救護

<救急救命士国家試験通信対策教育事業>
救急救命士国家試験指導
厚生労働大臣指定 救急救命士養成校 非常勤講師

主な取引先

・郡山市 様
・寒河江市教育委員会 様
・関川村教育委員会/体育協会 様
・福島県広域雇用促進支援協議会 様
・福島県内介護施設 様
・福島県内学校関連施設 様
・いな夢クラブ 様
・株式会社ニュース・プロモーション 様
・株式会社アールビーズ 様
・ぴあ株式会社 様         
  
 ※一部クライアント様 抜粋

参加者を守るイベント救護の仕事(代表者インタビュー)
https://partners.eventbank.jp/column/12.do

主なイベント実績

・郡山シティーマラソン 救護
・東北風土マラソン 救護
・東京都内マラソン大会 救護
・神奈川県内マラソン大会 救護
・北海道内マラソンイベント 救護
・山形県内マラソン大会 救護
・岩手県内マラソン大会 救護
・宮城県内マラソン大会 救護
・茨城県内マラソン大会 救護
・栃木県内マラソン大会 救護
・千葉県内マラソン大会 救護
・新潟県内マラソン大会 救護
・大阪府内マラソン大会 救護
・山梨県内イベント 救護
・山形県内トレイルランニング大会 救護
・長野県内トレイルランニング大会 救護・コンサルティング
・神奈川県横浜市 撮影(出演者・エキストラ)救護
・介護施設 イベント救護
・宿泊研修(3泊4日) 救護

担当者からひとこと

はじめまして、代表をしております佐藤武諭毅と申します。私は教員として救急救命士を養成してきました。救急救命士としての技術を今度は皆様が企画されているイベントへ役立てたいと考えております。全国・各種イベントにあった救護計画をその都度作成させて頂いております。ぜひ当社へご用命ください。

事例・実績